前へ
次へ

メニュー

税理士法とはどういうものか

税理士法は元は税務代理業として出発しました。日清戦争後その財政難をまかなうために1896年に営業税法が制定されました。税務相談が急増するに従ってこれを専門に行う独立とする職業が生まれました。しかしその後不適格者が生まれ、1942年に税理代理士法が制定され税務書類の作成やその代理、相談を行うようになりました。戦後1951年になって税理士法が制定されその後改正や一部改正が行われ、1980年には大改正が行われました。2002年には税理士業務の抜本的な改善に繋がる改正が行われました。業務内容としては税務の代理、税務書類の作成、税務相談、その他業務に付随した財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行、社会保険労務士業務の一部等を行うことができます。

top用置換

top用置換2
Page Top